不動産全般

「告知事項あり」をわかりやすく!!

The following two tabs change content below.

金子真也

出身は夢の国がある浦安市です。新卒から不動産業界に携わりノウハウを学んできました。不動産業の相談しにくいイメージを少しでも払拭するために楽しい雰囲気作りとお客様がご満足して頂くために誠心誠意取り組みます。

不動産の’’告知事項あり’’と聞いて孤独死や殺人事件を思い浮かぶと思います。しかし、そのようなケースだけでなく色々と伝えなければいけない事項があります。「心理的瑕疵」、「環境的瑕疵」、「物理的瑕疵」、「法的瑕疵」に分けられます。これらについて簡単に説明します。

 

「心理的瑕疵」

こちらが一般的に思い浮かぶ自殺や殺人があった事故物件の事です。お部屋内だけでなく共用部でも起こった事故も含まれます。

「環境的瑕疵」

不快な異臭や騒音が発する施設が近い物件の事です。ゴミ焼却場や工場、高速道路が近隣にある場合は告知しなければいけません。

「物理的瑕疵」

亀裂や雨漏り耐震強度不足に当てはまる物件の事です。水回りの漏水や壁床の亀裂、シロアリ被害や耐震強度不足がある場合に告知する必要があります。内見してる際はリフォーム済みで瑕疵の発見に困難のため事前に聞いておくと良いでしょう。

「法的瑕疵」

行政ルールに反している違法物件の事です。建物に関する法律で「建築基準法」「消防法」「都市計画法」などがありますが、それらに反しているのが違法瑕疵物件です。こちらは専門的な話になりますが、確認してみてご自分で調べても良いかと思います。

 

簡単ですが’’告知事項あり’’についてお話ししました。

特に気になさらない方であれば安く不動産を購入できたり、賃貸でも家賃を抑えられてお得です。

次回は告知事項ありの暗黙のルールについて記事にしたいと思います!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
弊社の公式アカウントの友達追加はこちらから
不動産に関するご質問、ご不明な点、
セカンドオピニオンとしてもお気軽にご連絡ください。
会員登録不要で物件の提案も可能です!

The following two tabs change content below.

金子真也

出身は夢の国がある浦安市です。新卒から不動産業界に携わりノウハウを学んできました。不動産業の相談しにくいイメージを少しでも払拭するために楽しい雰囲気作りとお客様がご満足して頂くために誠心誠意取り組みます。