不動産の購入について

値引き交渉

The following two tabs change content below.

白石 大樹

26歳で中古マンションを購入。 新築中古マンション、新築中古戸建て、リフォーム、賃貸管理の経験。 何を買うかも大事ですが、「どう買うか」の方が大事だと思ってます。 基本、LINE問い合わせは私が対応してます! お気軽にご相談ください!

最新記事 by 白石 大樹 (全て見る)

中古マンションを購入するにあたって、値引き交渉をすることは可能です。
住みたい物件が見つかっても「価格が、、、、」と思うことはよくあることです。
物件の購入時には物件代金以外にも諸費用が掛かります。
気になった物件でてきて、諸費用含め「価格がちょっと、、、」といった場合でも、お気軽にご相談ください。
諸費用を抑えて購入する方法はこちらの記事を参考にしてください。
諸費用を抑えて購入する
ネット銀行の住宅ローン

今回は物件価格の値引き交渉についてです。
すべての物件に当てはまるわけではありませんが、物件価格の5%~10%程の値引きで成約するケースはあります。
値引き交渉のタイミングとしては「買付申込書」を売主に渡すときです。

物件を内覧し、気に入ったらこちらの買付申込書に希望購入金額を記載して売主に提出します。
希望購入金額を記入するので、実際の金額よりも安く書いて提出しても構いません。
売主がこちらの金額で了承するかは、状況次第になります。
購入意思がないのにもかかわらず、値引き交渉をするのはタブーです。
こちらの買付申込書の条件に売主が了承すると各種手続きに入ります。

 

値引き交渉のコツ

相場を知る

相場を知ることは値引き交渉をするうえで大前提にあります。
値引きした金額があまりにも低すぎると、買付申込書を提出しても売主から突っぱねられてしまいます。
不動産の相場や成約事例はこちらからご覧いただけます。

 

購入の意思を確実にする

どんなことをして購入の意思を確実にするかというと「住宅ローンの事前審査」です。
「買付申込書」には法的拘束力はありませんので、実際には提出後にもキャンセルができますし、それによる違約金なども発生しません。
売主の立場になってみるとわかりますが、事前審査をしていないお客様から買付申込書を受け取ったとしても「本当に購入の意思はあるのだろうか、キャンセルはされないだろうか」と感じてしまいます。
そのためにも事前審査を済ませることで売主に対しても、さらには購入を依頼している不動産屋に対しても、「購入の意思があり、既に資金面の方でも行動に動いている」と示すことができます。
決済の面で不安のない「現金買い」のようなお客様は値引きするにあたりかなり有利になります。

 

売却期間を把握する

不動産の売却価格は通常、売りに出されてから徐々に下げていきます。
売り出して間もない時期に価格交渉をしても、売主が売り急いでいない場合、まだほかのお客さまで満額で申込みが入る可能性があるため買付申込書は受理されにくいです。
売却期間が3カ月以上たった物件が目安です。

 

売主の状況を把握する

売主が早急な現金化を目的とした売却の場合、値引きできるの確率は上がります。
状況としては、離婚、相続、転勤、負債、これらがある売主です。
負債とは、ローンの支払いが困難になったケースのことです。
これらの場合は現金化を急ぐ傾向にあるため安くても売りに出さざるを得ません。
売却理由は不動産屋に問い合わせれば、把握できるのでどんどん聞くべきです。

 

※値引き交渉の上で禁物なことは対等な立場であることを忘れて交渉することです。
買主は安く買いたいのは当然のことですが、売主も高く売りたいのです。
値引きした金額が記載された買付申込書を受理するかどうかは売主の権利なので、横暴な態度での値引き交渉や、破格な金額で値引きをすると、「この人には売却したくない」と言われておしまいです。

 

すべての物件で値引きが可能というわけではないですが、値引き交渉も不動産屋の仕事の一つです。
「いくらであれば購入する」といった基準がはっきりしていれば、気にせずご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
弊社の公式アカウントの友達追加はこちらから
不動産に関するご質問、ご不明な点、
セカンドオピニオンとしてもお気軽にご連絡ください。
会員登録不要で物件の提案も可能です!

The following two tabs change content below.

白石 大樹

26歳で中古マンションを購入。 新築中古マンション、新築中古戸建て、リフォーム、賃貸管理の経験。 何を買うかも大事ですが、「どう買うか」の方が大事だと思ってます。 基本、LINE問い合わせは私が対応してます! お気軽にご相談ください!

最新記事 by 白石 大樹 (全て見る)