不動産の購入について

希望条件を伝えたが、希望に沿った物件が紹介されない

The following two tabs change content below.

白石 大樹

26歳で中古マンションを購入。 新築中古マンション、新築中古戸建て、リフォーム、賃貸管理の経験。 何を買うかも大事ですが、「どう買うか」の方が大事だと思ってます。 基本、LINE問い合わせは私が対応してます! お気軽にご相談ください!

最新記事 by 白石 大樹 (全て見る)

探しているエリアや条件内での相場は妥当ですか?
不動産には相場があります。
相場から大きくかけ離れた希望条件で物件を探してもなかなか出てこないです。
また、エリアや築年数によって物件の価格も大きく変わってくるので、まずは自身が希望している条件をポータルサイトなどで調べ、相場がどれくらいなのかを見極めることが大切です。
不動産取引提供サイト(レインズ・マーケット・インフォメーション)が参考になります。
国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営している不動産流通標準システムです。
少し前までは不動産業者のみ閲覧可能だった情報ですが、今では一般の方でも閲覧可能です。
「レインズ」は不動産会社のみが使える共有システムですが、「レインズ・マーケット・インフォメーション」は「レインズ」に登録されている過去の取引事例が閲覧可能です。

相場より安く購入したい、お得に購入したい、といった考えはもちろん誰にもありますが、相場より安い物件には必ず理由があります。
また、不動産購入のコツは「どれだけ妥協できるか」で決まったりします
100点満点の物件を購入したい気持ちもあると思いますが、100満点の物件を目指すとおそらく一生不動産は購入できません。
築年数の浅い物件になれば価格も上がります。
広い部屋になれば価格も上がります。
眺望のいい部屋になれば価格も上がります。
日当たりのいい部屋になれば価格も上がります。
駅徒歩が近くなれば価格も上がるうえ、騒音は避けられません、、、
すべての好条件を追い求めようとすると、価格はどんどん上がっていき予算オーバーになってしまいます。
面白いことにこの現象はどの年収・予算のお客さまにも当てはまっている印象があります。
年収300万円の人、年収1,000万円の人、予算1,000万円の人、予算1億円の人、皆予算オーバーの物件を見てしまいます。
大体の方が住宅ローンを組んで不動産を購入します。
つまり組めないローンの金額の物件を見ても全く意味がないのです。
なので、、、、最初は予算をがっちり固めましょう
そしてその予算以上の物件は見てもしょうがないので見ない。
予算内に物件がなければ、立地・築年数・駅徒歩・広さ・階数・眺望・・・etc
何が妥協できるかをよく考えることです。

こちらの記事にもありますが、私は駅徒歩、立地の利便性にフルスロットルで条件を絞ったかわりに、築年数や広さを妥協して今の自宅を購入しました。
20代のうちに不動産を購入し、なおかつ駅徒歩や立地さえよければ、賃貸や売却には困らず、2軒目・3軒目の購入時に優位に働くと感じたからです。
自身の購入した物件は100点の物件だとは全く思いませんが、買ったことに後悔はありませんし、満足しています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

弊社の公式アカウントの友達追加はこちらから

不動産に関するご質問、ご不明な点、

セカンドオピニオンとしてもお気軽にご連絡ください。

会員登録不要で物件の提案も可能です!

The following two tabs change content below.

白石 大樹

26歳で中古マンションを購入。 新築中古マンション、新築中古戸建て、リフォーム、賃貸管理の経験。 何を買うかも大事ですが、「どう買うか」の方が大事だと思ってます。 基本、LINE問い合わせは私が対応してます! お気軽にご相談ください!

最新記事 by 白石 大樹 (全て見る)